ピアスやイヤリングの種類

女性を魅力的に見せるアクセサリーとして人気のあるピアス。
かわいいデザインのものが沢山ありますが、ピアスやイヤリングの種類も豊富です。
では、どんな種類のピアスやイヤリングがあるのでしょうか。

 



ピアスの種類

スタッドピアス1  スタッドピアス

キャッチという金具で留めるタイプのピアスです。
キャッチで固定されているため、外れる心配もありませんし、セカンドピアス初心者の方にはおすすめのピアスです。
しかし、使用回数が多いと、キャッチのばねが緩んでしまい、落ちる可能性もありますので、装着する際は確認するようにしましょう。また、キャッチは、アレルギーに対応したシリコン樹脂製なども出ておりますので、金属アレルギーの方でも安心してご利用いただけます。
スタッドピアス2

シリコン樹脂製キャッチ  シリコン樹脂製キャッチ

アメリカンピアス  アメリカンピアス

キャッチがないタイプで、チェーン状のピアスになります。
前後の長さを自由に調整することができるので、その日の気分で色々なアレンジを楽しめます。
カジュアルなタイプからゴージャスなものまであるので、色々なコーディネートに使えますが、髪を触る時や洋服を脱ぐ際に、ピアスが引っかかる恐れがあるため注意しましょう。

ドロップ式ピアス(U字・C字)  ドロップ式ピアス(U字・C字

クエスチョンマークのような形の先にチャームがぶら下がったデザインになります。
フックの形状は小さいU字、大きくて着けやすいC字があります。
耳元でユラユラと揺れる感じがとてもかわいらしく、女性らしいフェミニンな印象に仕上がります。
U字
ドロップ式ピアス(U字・C字)
C字

フープピアス  フープピアス

リング状のピアスでとても人気が高いです。
小さくて可愛らしい輪から大きな輪は存在感があり、かっこよくクールな女性に見えます。
また、フープピアスは、重そうな印象に見えますが、中が空洞で意外に軽いため、違和感なく身に着けることができます。ただし、リングが引っかかりやすいため、アメリカンピアス同様に、洋服の着脱時には注意が必要です。

フレンチフックピアス  フレンチフックピアス

フープピアスの人気に続き、注目を集めているのが、フレンチフックピアスになります。
キャッチがなく、簡単に開閉しやすい構造になっているため、装着する際もスムーズに行うことができます。また、このピアスは、蝶番でしっかりと閉じるので外れにくいです。
スタイリッシュな雰囲気に仕上げたい時に身に着ると良いでしょう。

このように、ピアスには色々な種類がありますが、お好みのデザインがあるという方は、セミオーダーメイドのピアスをおすすめします。当店では、あなたのご要望に合わせたピアスをお創り致しております。
イヤリングからピアスへ、金具を外れにくいものにしてほしい、耳に優しいチタンやシルバー、シリコンに変更したいなど、多くのご要望にお応えしておりますので、是非お気軽にお問い合わせください。



イヤリングの種類

イヤリングは、オーソドックスなネジバネ式以外でもイヤリングっぽく見えないデザインがあります。
どうしてもピアスホールを開けるのが怖いという方、重たい、長時間は痛くて着けることができないという方もその金具を変えるだけでも、着け心地はかなり違ってきます。

 

ネジバネ式イヤリング  ネジバネ式イヤリング

イヤリングのオーソドックスなタイプで、ネジとバネで締め具合を調整することができます。
ただし金具が大きめなので、長時間着けると痛くなることがありますので、ネジは締めすぎないように調整しましょう。

フープイヤリング  フープイヤリング

まるでピアスのように見えるフープタイプのイヤリングです。
バネの部分をスライドさせて挟むようにするため、着けるのがとても簡単なのも特徴です。
ただし挟んでいるだけなので、洋服の着脱時には落ちやすいので注意しましょう。

ノンホールピアス1  ノンホールピアス

ノンホールピアスという名前ですが、これも耳に挟むだけのイヤリングです。
金具がとても小さくてピアスのように見えます。
樹脂製のタイプは金属アレルギーの方でも着けることができます。
金具がとても小さいため、爪の長い方には着けるのが少し難しいかもしれません。
ノンホールピアス1
樹脂製

Search